« クリニークのクリスマスコフレ限定発売人気のリップカラーやファンデーションがセットに | トップページ | ヴィヴィアン・ウエストウッドマン2017年春夏コレクション未来の自由へ向かって »

2022年6月 2日 (木)

トムブラウンニューヨーク2017年春夏メンズコレクション海水浴をスーツのままで楽しむ

(THOM BROWNE. NEW YORK)の2017年春夏メンズコレクションが、2016年6月26日(日)フランス・パリで発表された。広い会場の中央には、四角い砂地と漆黒のヤシの木が1本。木陰には人形のようなものがポツンと座っており、何が起こるのか全く想像ができない状態でショーが始まった。

映画『ジョーズ』のテーマ曲が流れる。その音楽が表すとおり、サメの頭をしたモデルが、ゆらゆらと 回遊 を始めた。四角い砂地はさながら「島」。その周りのランウェイは海であるかのように物語は進んで行く。
ルイヴィトンイヤリングコピー続いて現れたのは、大きなスーツのような形をしたウェットスーツに身を包んだモデルたち。ヤシの木を囲むようにスタンバイすると、人形と思っていた木陰の人が彼らを脱がせ始める。

中には、をしたスーツスタイルの紳士が。燦々と照りつける太陽をイメージしたオレンジ色のジャケットや、海をイメージさせる魚プリントのもの、雲と青空をそのままに乗せたようなものまでが、どれも3ピースのに仕立てられている。
ショー中に 空 を飛び交う鳥たちのスーツも圧巻。全面に羽毛を取り付けたなウェアで、優雅な羽ばたきとともに、コレクションを見下ろしている。

後半は、ウェットスーツにスーツスタイルをプリントしたかのシャネル帽子コピーようなルック。全身が1つのウェアになっており、さながらセットアップを着たまま海に飛び込めるといった具合だ。また元に位置に戻ると、彼らはさらにその洋服までも脱ぎ始める。最初にスーツだと思っていた前半のウェアも実は水着仕様で、背中のジッパーを開けると簡単に脱げるものになっている。
完全な水着姿になった彼らは、一度裏に戻ると、サーフィンボードを持って再び「島」へ上陸。スイムウェアと同柄の表に、ブランドのアイコンであるトリコロールに染め上げられた裏。海辺を目一杯楽しめる、素敵なが披露された。

« クリニークのクリスマスコフレ限定発売人気のリップカラーやファンデーションがセットに | トップページ | ヴィヴィアン・ウエストウッドマン2017年春夏コレクション未来の自由へ向かって »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。